中川翔子の愛車はあのランボルギーニだなんて凄すぎ!!ほんと〜? - Hizukinablog

中川翔子の愛車はあのランボルギーニだなんて凄すぎ!!ほんと〜?

トレンド
スポンサーリンク

タレントや女優、声優、そして漫画家の「しょこたん」こと中川翔子さん。可愛らしいルックスにマルチな才能、そして、ブルース・リーやジャッキー・チェンのファンでありカンフー映画に関する造詣も深く、トラックスーツや自作のヌンチャクを所有する。そんなギャップ萌えの中川翔子さんの愛車がランボルギーニという噂があります。中川翔子さんのランボルギーニは一体どのような車なのでしょうか?この記事では中川翔子さんの愛車について紹介します。

スポンサーリンク

中川翔子プロフィール

愛称:しょこたん
本名:中川 しようこ
生年月日:1985年5月5日
出身地:東京都中野区
血液型:A型
身長:157㎝
活動:1990年〜
活動内容:タレント、女優、声優、歌手、漫画家
所属グループ:なし
所属事務所:
セントラル子供タレント(子役時代)
ジャッキー・チェン事務所日本支部(2001年〜2002年)
ワタナベエンターテインメント(2002年〜)
著名な家族:中川勝彦(父)
家族構成:母

スポンサーリンク

中川翔子の愛車はランボルギーニ?

マルチな才能に可愛らしいルックスをしている中川翔子さんですが、ブルース・リーやジャッキーチェーンなどが好きで、ヌンチャクの腕前もすごく、結構見た目とのギャップが人気の秘密でもあったりする。その彼女の愛車がランボルギーニという噂されていますが、そのランボルギーニという車はどういう車か見てみましょう。

中川翔子さんの公式Twitterで普通乗用車の運転免許証の画像をアップしているのを見てみると、2019年4月9日に取得しているので、免許取得からそんなに期間が経っていないにも関わらず、中川翔子の愛車がなんとあのイタリアの高級自動車ランボルギーニとはビックリ!!まずはどんな車なのか見てみます。

ひずきなのつぶやき:それにしても運転免許証の写真が可愛すぎる♪
そして、本名が「中川しようこ」なのもビックリしてしまった!!

 

スポンサーリンク

中川翔子が愛する車ランボルギーニとはどんな車?

中川翔子のランボルギーニ所有って運転免許とって間もないのに大丈夫?

「免許を取って間もないのにもかかわらずいきなりランボルギーニに乗るのは、かなり破天荒なのでは?」という声もたくさんあったようです。しかもランボルギーニは知る人ぞ知る高級車でもあります。もしかしたら、自動車の運転がかなりの腕前で、かなりの車好きなのかもしれません。もしくは、運転免許を取る前に助手席など乗せてもらっていた車が、ランボルギーニでよく知っている車だったからという可能性もあります。

 

ランボルギーニはどんな車?

創業者はフェルッチオ・ランボルギーニ。ランボルギーニLamborghini)は、イタリアの高級自動車、スポーツカーメーカーである。正式名称はヌオーヴァ・アウトモービリ・フェルッチオ・ランボルギーニ SpANuova Automobili Ferruccio Lamborghini SpA)。

農業機械(トラクター)の製造と販売で財を成した創業者フェルッチオ・ランボルギーニは趣味でエキゾチックカーをコレクションするようになるが、彼の欲求を満たせる完璧な物が全くなかった。そんな折フェラーリのオーナーにもなるが、当時のフェラーリ車もまたクラッチに欠陥があり、それに悩まされる事になった。フェラーリの修理の際に自社のトラクターの工場で自力で修理を試みるが、使われていたクラッチが自社のトラクターでも使われている物と全く同じ事に驚愕する。そして彼はなんと修理するだけでなく、理想的な車に改造した。
それと同時にフェラーリ社の高額なパーツ販売をみて、「これは儲かる」と確信を得た事が自動車業界に参入するきっかけだったと言われている。

数多くのスーパーカーを使用した映画「ワイルドスピード」でも出てくる高級車のランボルギーニ。

受注生産でカスタマイズできるスーパーカーで、インテリアも定番のレザーをはじめ、アルカンターラやカーボンなど様々な種類から選ぶことができます。エレガントにもスポーティーにも自分好みにできる世界でたった1台の車に乗ることができるのも魅力です。

ランボルギーニはグレードによって値段の幅がかなり違ってきます。
一番お手頃価格のものでも2,500万円ほどします。

ワイルドスピードアイスブレイクでかなり大きな音を立てながら走っていたオレンジのカッコいいスポースカーを観たことがある車種を調べてみると、「ランボルギーニムルシエラゴ」
ムルシエラゴの新車価格: 2777~4688 万円

一番グレードの高い「アヴェンタドールロードスター」は新車価格で4,600万円~6,300万円もします。こちらは通常の仕様のため、カスタム仕様を取り入れるととんでもない値段になりそうです。

車好きの中の車好きが買うランボルギーニなので、車に対してかなりのこだわりや愛着を持って、お金をかけ、エクステリアやインテリアにこだわる人も多いです。カスタム化すると材質やカスタマイズする箇所にもよりますが、7,000万円近くになるケースもあります。

 

中川翔子の愛車がランボルギーニ説浮上の真相は?

「中川翔子」と検索すると、検索キーワードに「ランボルギーニ」と出てきます。
調べてみると、2019年1月13日にある人がTwitterで「中川翔子のランボルギーニが最高に可愛すぎる」とツイートしたのが勘違いされる原因の一つになっているみたいです。

そして、中川翔子ランボルギーニと検索すると、中川翔子さんが好きそうなピンク塗装に身を包まれたランボルギーニの画像が出てくるので余計に勘違いされてしまったようですね。

また、その画像を投稿したのが同姓同名の中川翔子という方だったらしく、それが勘違いの元になったようです。

勘違いされた中川翔子とは?ピンクのランボルギーニは誰の車?

先程、上記でご紹介した通り、中川翔子さんの車であると言われたピンクのランボルギーニは一体誰の車だったのでしょうか?

調べてみると、このランボルギーニ・アヴェンタドール・ロードスターには、「DJ KA☆RIN号」という名前が付けられていて、「DA KAORI」という名前でDJ活動をしていて、女性DJでは世界一とも言われている方です。ちなみに本名は上田香(うえだ かおり)さん

今となっては女性DJもそれほど珍しくはなくなってきたものの、やはり当時は珍しく、彼女は女性DJのはしりであり火付け役という立ち位置でルックスも華やかで美人。
事実彼女が所属するユニバーサルミュージックでも、女性DJとしては売り上げは世界一と公言している。その理由だけでもかなりの収入があると見られるので、ランボルギーニを所有しているのも納得しちゃいます。

全体をピンクのスワロフスキーで装飾されているこのランボルギーニは、6000万円と噂もあります!特徴的なこのランボルギーニは世界で一台しかないということで、公式Twitterでも画像を投稿しているので、DJ KAORIさんのもので間違いなさそうです!

ひずきなのつぶやき:それにしてもとても綺麗で素敵な車ですね

スポンサーリンク

中川翔子の本当の愛車は?

中川翔子さんの本当の愛車は何か?調べてみました。

アルフォード
2019年4月9日普通自動車運転免許取得後の初運転となったのは、2019年4月11日に公式Twitterに投稿されている動画で確認するとアルフォードを運転しています。

「免許とって初となる運転」のコメントとともに助手席から撮影された運転中の動画を公開した。その動画内で、中川翔子さんは「初運転してます、アルファードです」と緊張気味にコメント。「ふぅ~っ」と声を漏らしてしまう場面もあり、こちらにも緊張感が伝わってくる。「でも大丈夫、交差点の右折はしました、今」と、難関も無事にクリアできた様子。その後も自分自身に言い聞かせるように「安全運転します」とつぶやいている。

ひずきなのつぶやき:アルフォードは車高も高いので視野が広く運転しやすいとは思いますが、車幅や全長が長いので、運転初心者にはドキドキすると思います。それにチャレンジしている中川翔子さんはすごいなと思います。

 

ベンツの最新型の電気自動車「EQA250」
中川翔子さんが2021年6月12日に自身のYouTubeチャンネル「中川翔子の『ヲ』」を更新しました。その動画内で、メルセデス・ベンツのオーナーになったことを報告した。「試乗だけのつもりが、新発売のベンツを…。完全電気自動車EQA250!」と題して公開された動画。ベンツの最新型の電気自動車「EQA250」を試乗する様子を公開した。

動画の終盤で乗り心地など感想を話す中川翔子さんに店舗スタッフから「気に入っていただけたようなので、1年間無償でお貸し出しをしたいと思います」とまさかの提案。これには全身を使って動揺しつつ、「超展開すぎて、YouTubeってすごい」と感動。

その後、納車され、中川翔子さんが東京・六本木にあるアンテナショップ「Mercedes me Tokyo」を訪れ、一年間限定の無償リースながら、EQA250のオーナーとなって大喜びするシーンを収録。また、ほぼペーパードライバーだという中川翔子さんが、やや危なっかしい運転ながら、人気格闘家でYouTuberの朝倉 海さんから指導を受けつつ、都内を初ドライブする模様も公開されています。

このことから、現在の愛車は、1年間無償で借りているベンツの最新型の電気自動車「EQA250」のようですね。

 

ひずきなのつぶやき:ペーパードライバーになりがちの期間に無償で借りているベンツの最新型電気自動車「EQA250」を宣伝する使命もあるかもしれませんが、強制的に運転する機会があることは運転上達にもつながるので、とてもいいと思います。安全運転で気をつけて運転して下さいね。

スポンサーリンク

まとめ

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。
今回は、中川翔子さんの愛車がランボルギーニなのでは?という噂の真相と本当の愛車について紹介しました。安全運転でカーライフを楽しんでほしいですし、今後の中川翔子さんのご活躍を楽しみにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました